尼崎市内の幼稚園について

[概要]

幼稚園では、人とのかかわりや遊びを通して、自発性や自主性を育てています。また、子育て支援のために地域の人々に施設を開放し、のびのびと活動できる場を提供しているほか、幼児教育に関する相談に応じています。
市内には現在、公立の幼稚園と私立の幼稚園があり、新制度による給付を受ける園を利用する場合には、「教育標準時間認定」(1号認定)を受ける必要があります。
※新制度による給付を選択しない園を利用する場合は、認定を受ける必要はありません。

教育・保育施設の利用認定についてはこちら

[対象者]

<公立幼稚園> 4歳になって以降最初の4月から小学校就学前のお子さん

<私立幼稚園>
3歳になって以降最初の4月から小学校就学前のお子さん
※園により、満3歳になった日から入園できる、満3歳児教育を行っています。

[申し込みできる人]

対象となるお子さんの保護者の方

[利用料(費用)]

<公立幼稚園、新制度に移行した私立幼稚園>
保育料は、世帯の所得状況などに応じて尼崎市が定めた額となり、公立・私立を問わず同じ額になります。(このほか、施設ごとに定める預かり保育料や、通園送迎費、給食費などの実費負担額等があります。)

<新制度に移行しない私立幼稚園>
園ごとに定める額となります。(所得に応じた私立幼稚園就園奨励補助金が支給される場合があります。)

私立幼稚園就園奨励補助金についてはこちら

[申し込み期限]

<公立幼稚園>
・4月入園については、例年10月頃です。
・年度途中の利用については、各園にお問い合わせください。

<私立幼稚園>
・各園にお問い合わせください。

[手続きなど詳しくは]

「平成29年度保育施設等の利用(尼崎市サイト)」または「入園に係る園児募集について(尼崎市サイト)」をご覧ください。

平成29年度保育施設等の利用(尼崎市サイト) 入園に係る園児募集について(尼崎市サイト)

子育て応援情報

「あまっこいきいきナビ」をシェアしよう
  • つぶやく