定期予防接種

[概要]

予防接種には、法令で定められた定期接種と本人が希望して行う任意予防接種があります。現在、小学校就学前のお子さんを対象とした定期予防接種としては、Hib(ヒブ)感染症、小児の肺炎球菌感染症、B型肝炎、四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)、BCG、麻しん・風しん混合(MR)、水痘(水ぼうそう)、日本脳炎などがあります。
定期予防接種は定められた時期に受けないと、接種費用は自己負担となりますのでご注意ください。

市外の医療機関で定期予防接種を受け、自己負担が発生した場合、その費用の一部または全額を還付します。

<還付の手続きができる予防接種>

  • 乳幼児定期予防接種(注)乳幼児定期予防接種の種類
Hib(ヒブ)感染症、小児の肺炎球菌感染症、B型肝炎、DPT-IPV四種混合ワクチン(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)、結核(BCG)、麻しん風しん混合ワクチン、水痘ワクチン(水ぼうそう)、日本脳炎、DT二種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風)、ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)、麻しん(単独)、風しん(単独)、不活化ポリオ、DPT三種混合ワクチン(ジフテリア・百日せき・破傷風)

[対象者]

尼崎市に住民登録のある、それぞれの予防接種の対象年齢となったお子さん

[申し込みできる人]

対象となるお子さんの保護者の方

[利用料(費用)]

無料

[申し込み期限]

ワクチンにより異なります。
※定められた時期に受けないと、接種費用は自己負担となりますのでご注意ください。

[手続きなど詳しくは]

「子どもの予防接種(尼崎市サイト)」をご覧ください。

子どもの予防接種(尼崎市サイト)

子育て応援情報

「あまっこいきいきナビ」をシェアしよう
  • つぶやく